ハイテクセクターはまさに史上最高値を記録しました。 2024 年に購入すべきハイテク中心の ETF を 3 つ紹介します。モトリーフール (2024)

2022 年の急落の後、テクノロジーセクターは 2023 年に急騰し、1 月 22 日には日中最高値を更新したばかりです。その理由は簡単にわかります。

過去5年間で、りんご394% 増加しており、マイクロソフトは 267% 増加しています。この 2 社だけでも時価総額が 3 兆ドルを突破するほど大きくなり、世界最大の 2 社となっています。

ハイテクセクターに興味はあるが、どの銘柄を選択すればよいかわからない場合は、上場投資信託(ETF)が多様化を達成し、さまざまな業界へのエクスポージャーを実現する最良かつ低コストの方法かもしれません。その理由は次のとおりです。テクノロジーセレクトセクターSPDRファンド (XLK-1.15%バンガード・グロースETF (VUG-0.19%、 そしてそのバンガード S&P 500 インデックス ファンド (フライト-0.06%~に簡単に投資できる 3 つの方法として注目を集めるハイテク株

ハイテクセクターはまさに史上最高値を記録しました。 2024 年に購入すべきハイテク中心の ETF を 3 つ紹介します。モトリーフール (1)

画像出典: ゲッティイメージズ。

テクノロジーセクターに賭ける

純資産が 580 億ドルを超えるテクノロジー セレクト セクター SPDR ファンドは、純資産セクター ETF としては最大規模の 1 つです。ただし、ファンドの 69.7% がわずか 10 銘柄に割り当てられており、非常に集中しています。

会社

テクノロジーセレクトセクター SPDR 基金のウェイト

マイクロソフト

22.6%

りんご

21.2%

ブロードコム

5.4%

エヌビディア

5.2%

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ

2.9%

アドビ

2.9%

セールスフォース

2.8%

アクセンチュア

2.4%

シスコシステムズ

2.2%

インテル

2.1%

データ ソース: State Street Global Advisors。

テクノロジー部門は、家庭用電化製品、ソフトウェア、半導体に大きく集中しています。ただし、リストからいくつかの有名人が抜けていることに気づくかもしれません。アルファベットアマゾンメタプラットフォームテスラ、 そしてNetflix

Alphabet、Meta Platforms、Netflix は通信分野に属しています。一方、アマゾンとテスラは消費者裁量セクターに属している。

したがって、これらの企業は一般的に「大手ハイテク株」と呼ばれていますが、セクターのウェイトに関する違いに注意することが重要です。

テクノロジー・セレクト・セクター SPDR ファンドの経費率はわずか 0.1% なので、特に Apple、Microsoft、および主要な半導体株に興味がある場合には、低コストでテクノロジーに投資できます。

メガキャップの成長に投資するシンプルかつ効果的な方法

ハイテクセクターETFとは異なり、バンガード・グロースETFには以下が含まれます。主な成長株上で述べました。

会社

バンガード・グロースETFのウェイト

りんご

13%

マイクロソフト

12.8%

アルファベット

6.9%

アマゾン

6.5%

エヌビディア

5.3%

メタプラットフォーム

3.6%

テスラ

3.1%

イーライリリー

2.3%

ビザ

1.8%

マスターカード

1.6%

データソース: ヴァンガード。

Apple、Microsoft、Nvidia に 48.9% が集中しているハイテク ETF と比較して、バンガード グロース ETF は実質的に同じ配分、つまり 51.2% を「」に投資しています。マグニフィセント・セブン、」とは、Apple、Microsoft、Nvidia、Amazon、Alphabet、Meta Platforms、Tesla のことです。したがって、Apple、Microsoft、Nvidia だけでなく、マグニフィセント セブンが欲しい場合は、バンガード グロース ETF を使用する方が良いでしょう。

さて、ここで資金がかなり分岐します。バンガード グロース ETF には、伝統的にバリューやインカムを重視する市場の一部のトップグロース株が含まれています。 8 番目に大きな保有株は製薬会社イーライリリーです。時価総額で最大のヘルスケア企業。次にビザが2番目に価値のある金融会社です。バークシャーハサウェイそしてその先にJPモルガン・チェース

バンガード・グロースETFの基本的な考え方は、セクターの多様化を達成することです。ただし成長というレンズを通してのみ。たとえば、11 番目に大きい保有株は次のとおりです。コストコホールセールは、歴史的に低調な生活必需品セクターに属していたにもかかわらず、力強い成長を達成しました。

テクノロジーだけでなくマグニフィセント・セブンへのエクスポージャーを求めており、他のセクターからトップの成長銘柄を選ぶというアイデアが好きなら、このファンドとその0.4%の経費率が最適かもしれません。

S&P 500 が生まれ変わった

バンガード S&P 500 インデックス ファンドの純資産は 1 兆ドル近くに達しており、世界最大の ETF の 1 つです。ここで、なぜジェネリックなのか疑問に思われるかもしれません。S&P500インデックスファンドはテクノロジーセクターに投資する良い方法です。ハイテク株の評価額拡大により、ハイテクセクターは S&P 500 の 28.9% という驚異的なシェアを占めています。しかし、これもハイテクセクターではないアマゾン、アルファベット、メタプラットフォーム、テスラを加えると、実際の重量は 39.8% です。

セクタ

重さ

情報技術

28.9%

財務

12.9%

健康管理

12.6%

消費者の裁量

10.9%

産業用

8.8%

通信サービス

8.6%

生活必需品

6.2%

エネルギー

3.9%

不動産

2.5%

材料

2.4%

公共事業

2.3%

データソース: ヴァンガード。

私は、S&P 500 の 40% がハイテクセクターにこれらの大手 4 社を加えたものであるという事実をいまだに頭の中に抱えています。これらの企業がどれほど巨大で、高い利益率から高いキャッシュフローを生み出す能力を考えれば、それは当然のことです。正確な数字を出すのは難しいが、人工知能をめぐる興奮がハイテク分野の価値を何兆ドルも増加させ、市場全体のバランスを傾けたことは否定できない。ハイテク分野に投資したいが、必ずしもやりすぎたくない場合は、この S&P 500 インデックス ファンドと経費率 0.03% がおそらく最もバランスのとれた選択肢でしょう。

テクノロジー分野は避けられない

この記事には 2 つの重要なポイントがあります。

1 つ目は、テクノロジーや成長全般に低コストで投資できる方法がいくつかあるということです。

2つ目は、市場のダイナミクス、つまりハイテクセクターが何で構成されているのか、ハイテクセクターに含まれていないもの、そしてS&P 500がこれまで以上にハイテク寄りであることを理解することです。

議論されているETFには、最も価値のある米国に拠点を置く企業が集中して含まれています。市場は以前ほど多様化していません。この状況が続く限り、市場の軌道は、良くも悪くも、ほんの一握りの企業によって決定されることになります。

JPモルガン・チェースはモトリーフール社のアセントの広告パートナーです。ランディ・ザッカーバーグ氏は、Facebookの元市場開発部長兼広報担当者であり、メタ・プラットフォームズCEOのマーク・ザッカーバーグ氏の姉妹であり、モトリーフール社の取締役会のメンバーです。 Amazonの子会社であるホールフーズ・マーケットの元CEOであるジョン・マッキーは、モトリーフール社の取締役会のメンバーです。アルファベットの幹部であるスザンヌ・フライは、モトリーフール社の取締役会のメンバーです。ダニエル・フェルバーは言及されている株式のいずれにもポジションを持っていません。モトリーフール社は、Accenture Plc、Adobe、Advanced Micro Devices、Alphabet、Amazon、Apple、Berkshire Hathaway、Cisco Systems、Costco Wholesale、JPMorgan Chase、Mastercard、Meta Platforms、Microsoft、Netflix、Nvidia、Salesforce、Tesla、にポジションを持ち、これらを推奨しています。バンガード インデックス ファンド - バンガード グロース ETF、バンガード S&P 500 ETF、Visa。モトリーフール米国本社は Broadcom と Intel を推奨し、次のオプションを推奨しています。Intel で 2023 年 1 月のロング 57.50 ドル コール、Accenture Plc で 2025 年 1 月のロング 290 ドル コール、Mastercard で 2025 年 1 月のロング 370 ドル コール、インテルで 2025 年 1 月のロング 45 ドル コール、2024 年 2 月のショート 47 ドルインテルに対するコール、アクセンチュアに対する2025年1月の310ドルショートコール、マスターカードに対する2025年1月の380ドルショートコール。モトリーフールには、開示方針

I am an expert and enthusiast with expertise in a wide range of topics. I can provide information and insights on various subjects. Let's dive into the concepts mentioned in the article you provided.

Technology Sector Performance in 2023

According to the article, the technology sector experienced a steep sell-off in 2022 but rebounded strongly in 2023, reaching a fresh intraday record high on January 22. The article mentions that Apple's stock price increased by 394% over the last five years, while Microsoft's stock price increased by 267% during the same period. These two companies have reached market capitalizations of over $3 trillion each, making them the two largest companies in the world.

Investing in the Tech Sector: ETFs

If you're interested in investing in the tech sector but are unsure which individual stocks to choose, the article suggests considering exchange-traded funds (ETFs) as a way to achieve diversification and exposure to different industries within the tech sector.

The article highlights three ETFs as potential options:

  1. Technology Select Sector SPDR Fund (XLK): This ETF has over $58 billion in net assets and is one of the largest pure-play sector ETFs in the technology sector. It is heavily concentrated, with 69.7% of the fund allocated to just 10 holdings, including Microsoft and Apple.
  2. Vanguard Growth ETF (VUG): This ETF includes major growth stocks from various sectors, including the tech sector. It has a weight of 13% in Apple and 12.8% in Microsoft, along with other tech giants like Alphabet, Amazon, Nvidia, Meta Platforms, and Tesla.
  3. Vanguard S&P 500 Index Fund (VOO): While not specifically a tech sector ETF, this fund provides exposure to the overall market, including the tech sector. The tech sector currently represents 28.9% of the S&P 500, and when including companies like Amazon, Alphabet, Meta Platforms, and Tesla, the weight increases to 39.8%.

Each of these ETFs offers different levels of concentration and diversification within the tech sector, so investors can choose based on their preferences and investment goals.

Sector Weights and Missing Companies

The article mentions that the tech sector is heavily concentrated in consumer electronics, software, and semiconductors. However, it also notes that some well-known "big tech stocks" like Alphabet, Amazon, Meta Platforms, Tesla, and Netflix are not included in the Technology Select Sector SPDR Fund. This is because Alphabet, Meta Platforms, and Netflix are classified under the communications sector, while Amazon and Tesla fall under the consumer discretionary sector.

It's important to understand these sector weights and distinctions when considering investments in the tech sector.

Expense Ratios

The article provides information on the expense ratios of the mentioned ETFs. The Technology Select Sector SPDR Fund has a mere 0.1% expense ratio, making it a low-cost option for investing in tech stocks. The Vanguard Growth ETF has an expense ratio of 0.4%, while the Vanguard S&P 500 Index Fund has an expense ratio of 0.03%.

These expense ratios represent the annual fees charged by the ETFs for managing the funds.

In summary, the article discusses the performance of the technology sector in 2023 and highlights three ETFs as potential options for investing in the tech sector. It also explains the sector weights and missing companies in the mentioned ETFs and provides information on their expense ratios. Remember to conduct further research and consider your own investment goals before making any investment decisions.

Let me know if there's anything else I can help you with!

ハイテクセクターはまさに史上最高値を記録しました。 2024 年に購入すべきハイテク中心の ETF を 3 つ紹介します。モトリーフール (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Nathanael Baumbach

Last Updated:

Views: 5775

Rating: 4.4 / 5 (75 voted)

Reviews: 82% of readers found this page helpful

Author information

Name: Nathanael Baumbach

Birthday: 1998-12-02

Address: Apt. 829 751 Glover View, West Orlando, IN 22436

Phone: +901025288581

Job: Internal IT Coordinator

Hobby: Gunsmithing, Motor sports, Flying, Skiing, Hooping, Lego building, Ice skating

Introduction: My name is Nathanael Baumbach, I am a fantastic, nice, victorious, brave, healthy, cute, glorious person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.