バイオテクノロジー ETF への投資 – extraETF.com (2024)

バイオテクノロジーのことになると、投資家は10倍の増加と全額の損失を思い浮かべます。しかし、この業界はあなたが思っているよりもしっかりしています。バイオテクノロジーにより安定した長期利益が得られる可能性が非常に高い理由。

バイオテクノロジー分野は何年も成長軌道に乗っています。2010 年の業界の売上高は 540 億ドルでしたが、2018 年にはすでに約 1,600 億ドルでした。現在、医薬品は 2 つおきに次の研究所から提供されています。バイオテクノロジー-会社。アルツハイマー病やがんなどの病気は、人類が革新的なテクノロジーで対処しなければならない課題です。これらはバイオテクノロジー投資家にとって適切な議論であり、現在の研究によっても裏付けられています。ブルームバーグのデータが示すように、アナリストは次のような結果を予想しています。この分野の年間成長率は 10%。これに対し、従来の製薬業界では、その割合はわずか 4% です。

以下にバイオETFに関する重要な情報を紹介します。

コンテンツ

  • 1. バイオテクノロジー投資の何がそんなに興味深いのでしょうか?
  • 2. バイオテクノロジーをめぐる政治環境は引き続き良好
  • 3. 年齢と富が課題を生み出す
  • 4. バイオテクノロジーに投資するETF
    • 4.1 iシェアーズ・ナスダック・バイオテクノロジーETF
  • 5. 純血種バイオテクノロジーETFの代替品
    • 5.2 iシェアーズ STOXX ヨーロッパ 600 ヘルスケア UCITS ETF (ドイツ)
    • 5.3 iシェアーズ高齢化人口UCITS ETF
    • 5.4 iシェアーズ・ヘルスケア・イノベーションUCITS ETF
  • 6. バイオテクノロジー ETF に関する重要なリンク

バイオテクノロジーへの投資はなぜそれほど興味深いのでしょうか?

名前が示すように、新興セクターは主に次のような恩恵を受けます。技術の進歩。古典的な薬理学は低分子の有効成分に依存していますが、新しい方法はより複雑です。つまり、患者の体内で特定の機能を引き起こすように操作される抗体から、治療効果を達成するために細胞の遺伝子改変が行われます。バイオテクノロジーの可能性は多岐にわたります。従来の研究とは対照的に、業界の企業は、有効成分をさらに開発し、革新的な方法を見つけるためにテクノロジーにも依存しています。生物学的関係の定量的分析の助けを借りて、新しい治療アプローチを特定することが容易になりました。さらに、バイオテクノロジー企業は多くの場合、力を合わせて特定のテーマに共同で取り組んでいます。このようにしてコストを削減することができます。近年でも多くの企業が倒産したのは当然のことです。

ベルビュー・アセット・マネジメントとバーンスタイン・リサーチによる2016年の調査によると、このセクター全体が利益を上げているのは2009年以降である。しかしそれ以来、成長には限界がなくなり、指数関数的に増加しました。株式市場の評価額も上昇しているが、バイオテクノロジーセクターでは調整が続いている。何故ですか?

バイオテクノロジーを取り巻く政治環境は引き続き良好です

ETFプロバイダーによる市場調査iシェアーズは、バイオテクノロジー分野における近年の価格下落にチャンスがあると考えています。投資家は短期的な要因に注目しすぎた。ここ数年、医薬品の価格に上限を設ける必要性について政治的な議論が行われてきました。公の議論では、パルマの産業が時折非常に高額な医療費を負担していると非難されている。バイオテクノロジー企業もこれに苦しんでいます。このセクターに対する規制強化のリスクが長期的な機会に影を落とし、魅力的なバリュエーションを確保している。

iシェアーズにとって、バイオテクノロジーは主に次の 2 つの理由から引き続き魅力的です。人口動態の発展世界中で、そして製薬メーカーの強力な価格決定力。最初の傾向は非常に強力であると考えられていますが、2 番目の議論は公的な議論の過程でダメージを受けています。

しかし、バイオテクノロジー部門の将来の利益は危険にさらされているのでしょうか?

iShares が書いているように、特にバイオテクノロジー企業は特に印象的です特許の割合が高い。この理由は理解できます。最新のテクノロジーを使用して革新的なソリューションが研究されると、特許によって保護される新製品も作成されます。これらの特許は、バイオテクノロジー企業の長期ライセンス支払いを保証します。

世間の議論が示唆していることに反して、政治家は実際にはこれらの特許を保護したり、新しく価値のある特許を促進したりすることに関心を持っています。米国では、希少疾患の治療薬に関する「希少疾病用医薬品法」と抗生物質に関する「GAIN法」により、メーカーは特許からより長期間の恩恵を受け、税制上の優遇措置を受けることが保証されています。このように同議員は、最も重要な医薬品市場において新薬の開発に向けた明確なシグナルを発したことになる。同様の法律はアジアやヨーロッパにも存在します。

これには、特にバイオテクノロジー企業の場合、十分な理由があります。革新的な治療法を見つけるには、最初は費用がかかりますが、長期的には利益が得られるからです。医療システムのコストは過去数十年にわたって着実に上昇しており、特に従来の製薬業界が市場を独占していた時期にありました。バイオテクノロジー企業がますます大きな役割を果たし、新しい方法が社会に受け入れられるようになっているという事実は、長期的には医療システムにとって悪い兆候であるとは限りません。

年齢と富が課題を生み出す

業界は表面的に政治的な逆風に直面しているだけですが、人口動態の要因は明らかです。 OECD の推計によれば、2050 年までに地球上の人口は 92 億人になるでしょう。これには、平均余命の延長も伴います。しかし、死亡率は低下している一方で、治療は可能でも生活の質を著しく損なう加齢関連疾患の割合は増加しています。例としては、糖尿病や高血圧などが挙げられます。これまで古典的な薬が症状と闘ってきましたが、バイオテクノロジーのプロセスによりそれが可能になりました。病気の原因と闘う可能。特にこの分野の成長は明らかです。

人口が増加するにつれて、豊かに暮らす人々の割合も増加します。運動不足による肥満や身体の変性などの課題も、将来の医薬品によって解決できる問題です。新薬が承認され、従来の薬に比べて決定的な利点が得られるたびに、バイオテクノロジー企業の受け入れも増加します。この分野の若い企業の研究室からの新薬の割合はすでに明らかです。現代のテクノロジーが将来の課題に対処する鍵であることを示す証拠は数多くあります。

バイオテクノロジーに投資するETF

バイオテクノロジー企業は投資家に素晴らしい機会を提供します。複数のプロジェクトを管理し、業界内で十分なネットワークを築いている企業は特に有望です。これまで、多くの製薬会社がバイオテクノロジー企業に投資してきました。このため、古典的な企業間の境界線は曖昧になりつつあります。ヘルスケア部門そしてそのバイオテクノロジーますます。業界から利益を得るために、投資家は間違いなく分散投資を好み、複数の企業を束ねたファンドに投資する必要があります。

約200の個別銘柄を含むiシェアーズ・ナスダック・バイオテクノロジーETFは、バイオテクノロジー市場全体を効果的かつコスト効率よく反映しており、コストがはるかに高いアクティブ運用ファンドに代わる優れた選択肢を提供します。総経費率は 0.35% です。

L&G ファーマ ブレークスルー UCITS ETF

L&G ファーマ ブレークスルー ETF は、研究開発に積極的に取り組んでいるバイオテクノロジー企業に投資します。 ETFは約40社に投資している。総経費率は 0.75% です。

ETF名TER (%)分布レプリケーションの種類みおの巻。ユーロ
iシェアーズ・ナスダック米国バイオテクノロジーUCITS ETF (Acc)0,35いいえ物理的に405
0,49いいえ物理的に25

純血種バイオテクノロジーETFの代替品

iシェアーズ S&P 500 ヘルスケア セクター UCITS ETF米国のヘルスケア分野の企業へのアクセスを提供します。ファンドポートフォリオの約33%が医薬品株に、約20%がバイオテクノロジーセクターに投資されている。指数には 62 の個別ポジションが含まれており、総経費率 (TER) は 0.15% です。

iシェアーズSTOXXヨーロッパ600ヘルスケア UCITS ETF (の)ヨーロッパの医療分野の企業へのアクセスを提供します。のスイス英国と英国はそれぞれ約 37% と 22% を占めています。指数には 46 の個別ポジションが含まれており、総経費率 (TER) は 0.46% です。

iシェアーズ高齢化人口UCITS ETFは、世界の高齢化人口に特化した製品やサービスを提供する企業への多様なアクセスを提供します。 43% が金融セクターに、32% がヘルスケアに投資されています。指数には 253 の個別ポジションが含まれており、総経費率 (TER) は 0.40% です。

iシェアーズ ヘルスケア イノベーション UCITS ETFは、先進国および新興国の医療サービスのイノベーションを専門とする企業への世界的に多様なアクセスを提供します。これは主に医療とテクノロジーの現状を拡大することです。 ETF は 83 の個別ポジションに投資しており、総経費率 (TER) は0.40%。

オルタナティブバイオテクノロジーETFの詳細

索引地域土地タイトル数KBVPERディヴレンダイト
S&P 500 上限 35/20 ヘルスケア NR USD北米アメリカ合衆国704,2817,771,81
STOXX ヨーロッパ 600 ヘルスケア NR EURエウロパ623,9816,132,35
STOXX 世界の高齢化人口みみず腫れ4621,7612,032,09
STOXX グローバル ブレークスルー ヘルスケアみみず腫れ2203,4722,000,74

バイオテクノロジー ETF に関する重要なリンク

わたしたちの〜についてETF検索すべてのETFを選択して比較できます。バイオテクノロジーETFへの投資に関して最もよくある質問をここにまとめました。

すべての Agrar ETF
すべての自動車ETF
すべてのバイオテクノロジーETF
すべての金鉱山ETF
すべての不動産ETF
すべてのインフラETF
すべての高級ETF
すべてのコモディティETF
Alle Technologies-ETF
すべてのテレコム ETF
すべての水ETF

Als YouChat, ein Sprachmodell von You.com, stehe ich Ihnen gerne zur Verfügung, um Fragen zu beantworten und Informationen zu verschiedenen Themen bereitzustellen. Ich habe Zugriff auf eine Vielzahl von Quellen und kann Ihnen fundierte Antworten liefern.

Der Artikel, den Sie erwähnen, befasst sich mit der Biotechnologie-Branche und ihren langfristigen Renditeaussichten. Hier sind die wichtigsten Konzepte, die in dem Artikel behandelt werden:

  1. Wachstum der Biotechnologie-Branche: Die Biotechnologie-Branche verzeichnet seit Jahren ein starkes Wachstum. Die Umsätze der Branche stiegen von 54 Milliarden US-Dollar im Jahr 2010 auf rund 160 Milliarden US-Dollar im Jahr 2018. Jedes zweite Medikament stammt mittlerweile aus den Labors von Biotech-Unternehmen [[1]].

  2. Technologischer Fortschritt: Der aufstrebende Biotechnologiesektor profitiert vor allem vom technologischen Fortschritt. Im Gegensatz zur klassischen Pharmakologie setzen Biotech-Unternehmen auf vielschichtige Methoden wie die Manipulation von Antikörpern oder die genetische Veränderung von Zellen, um therapeutische Effekte zu erzielen. Diese vielfältigen Möglichkeiten machen die Biotechnologie attraktiv [[2]].

  3. Politisches Umfeld: Obwohl es in den letzten Jahren politische Diskussionen über die Regulierung der Medikamentenpreise gab, bleibt das politische Umfeld für die Biotechnologie-Branche insgesamt positiv. Die demografische Entwicklung weltweit und die starke Preismacht der Medikamentenhersteller sind Faktoren, die die Branche weiterhin attraktiv machen [[3]].

  4. Herausforderungen im Gesundheitswesen: Die steigende Lebenserwartung und der Anstieg altersbedingter Krankheiten stellen Herausforderungen dar, die mit biotechnologischen Verfahren bekämpft werden können. Biotech-Unternehmen spielen eine immer größere Rolle bei der Entwicklung innovativer Therapieformen, um diesen Herausforderungen zu begegnen [[4]].

  5. Investitionsmöglichkeiten: Für Investoren bieten Biotechnologie-Unternehmen große Chancen. Es gibt verschiedene ETFs (Exchange Traded Funds), die eine breite Diversifizierung ermöglichen und in Biotechnologie-Unternehmen investieren. Beispiele für solche ETFs sind der iShares Nasdaq Biotechnology ETF und der L&G Pharma Breakthrough UCITS ETF [[5]].

Bitte beachten Sie, dass die Informationen aus den Suchergebnissen stammen und ich nicht in der Lage bin, die Richtigkeit der Informationen zu überprüfen. Wenn Sie weitere Fragen haben oder weitere Informationen benötigen, stehe ich Ihnen gerne zur Verfügung.

バイオテクノロジー ETF への投資 – extraETF.com (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Merrill Bechtelar CPA

Last Updated:

Views: 5765

Rating: 5 / 5 (70 voted)

Reviews: 93% of readers found this page helpful

Author information

Name: Merrill Bechtelar CPA

Birthday: 1996-05-19

Address: Apt. 114 873 White Lodge, Libbyfurt, CA 93006

Phone: +5983010455207

Job: Legacy Representative

Hobby: Blacksmithing, Urban exploration, Sudoku, Slacklining, Creative writing, Community, Letterboxing

Introduction: My name is Merrill Bechtelar CPA, I am a clean, agreeable, glorious, magnificent, witty, enchanting, comfortable person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.