ベスト S&P 500 ETF |モトリーフール (2024)

上場投資信託(ETF)は、投資を始めるのに最適な方法です。これらの分散型ファンドは、長期投資ポートフォリオの基礎を築くのにも最適です。ただし、何千もの ETF から選択できるため、1 つを選択するのは困難な作業になる可能性があります。

定義アイコン

上場投資信託(ETF)

上場投資信託(ETF)を利用すると、投資家は一度に多くの株式や債券を購入できます。

そこで役立つのがS&P 500 ETFです。世界中の投資家はよく知っています。、株式市場のパフォーマンスのベンチマークとしてよく使用されます。この高く評価されている指数のパフォーマンスを厳密に追跡するETFに投資することも可能です。

ベスト S&P 500 ETF |モトリーフール (1)

出典: ゲッティイメージズ

2023 年 11 月 22 日現在のデータ。データ ソース: State Street Global Advisors SPDR、iShares、Vanguard、および ProShares。
ETF名年会費運用資産説明
SPDR S&P 500 ETF トラスト (ニュースセムクト: スパイ0.0945%4,270億ドル米国初のETFであり、運用資産規模では最大のETF
iシェアーズ コア S&P 500 ETF (ニセムクト:IVV0.03%3,730億ドル世界最大の資産運用会社の 1 つによって運用される ETF
バンガード S&P 500 ETF (ニーセムクト:VOO0.03%3,190億ドル個人投資業界のパイオニアによる低コストの S&P 500 ETF オプション
プロシェアーズ S&P500 ショート (ニュースセムクト:SH0.89%18.7億ドルS&P 500 に賭けて利益を得るように設計されたファンド
プロシェアーズ ウルトラ S&P 500 (ニセムクト:SSO0.89%37億8,000万ドルS&P 500 の 2 倍の 1 日あたりのリターンを提供するように設計されたファンド
定義アイコン

運用資産(AUM)

事業体またはアドバイザーが顧客のために管理する金融資産の市場価値の合計。

SP 500 ETF への投資

S&P 500 ETF への投資

S&P 500 ETF への投資には多くの利点があります。 S&P 500 は以下のパフォーマンスを追跡します。米国に本拠を置く最大手の企業 500 社

米国の証券取引所には数千の銘柄が上場されていますが、多くの投資家は米国株の強さを評価する際にデフォルトで S&P 500 を選択します。米国株式市場総額の 80% 以上がこれら 500 社の企業で構成されていることを考えると、それは当然のことです。

S&P 500を構成する500社に投資することも有力な選択肢となり得る。結局のところ、このトップ企業のリストに名を連ねるには、時間と強力なビジネスが必要です。 S&P 500 企業のすべてに問題がないわけではありませんが、指数内には多くの優良株が含まれています。

この記事の執筆時点では、この指数の上位銘柄は、次のような大手テクノロジー企業から多岐にわたります。マイクロソフト(MSFT -2.69%)、りんご(AAPL -1.94%)、 そしてアマゾン(AMZN -2.39%)、ウォーレン・バフェットの産業複合企業にバークシャーハサウェイ(BRK.A -1.14%)(BRK.B -0.88%)やトップヘルスケア企業などユナイテッドヘルスグループ(国連 1.61%) そしてジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ 0.08%)。

それを念頭に置いて、S&P 500 指数のパフォーマンスを追跡する上位 5 つの ETF を紹介します。

1. SPDR SP 500 ETF トラスト

1. SPDR S&P 500 ETF トラスト

ステート ストリート グローバル アドバイザーズの SPDR S&P 500 ETF は、米国で上場された最初の ETF です。このファンドは 1993 年から利用可能です。S&P 500 指数の人気と相まって、SPDR S&P 500 ETF は最大の ETF になりました。上場投資信託(ETF)2023 年後半には 4,270 億ドルの投資家資金が運用される予定です。

SPDR S&P 500 ETF は、年会費を差し引いた S&P 500 指数のパフォーマンスを追跡します。企業が支払った配当金を分配するインデックスにあります。 ETF は年間 0.0945% の年会費を請求します。投資額 1,000 ドルごとに、ファンドのパフォーマンスから年間 0.95 ドル弱が差し引かれることになります。

2. iシェアーズ コア SP 500 ETF

2. iシェアーズ・コアS&P500ETF

iシェアーズ・コアS&P 500 ETFは、S&P 500指数の株式に投資するもう1つの長期保有米国ETFです。 iShares の年会費が年間わずか 0.03% とさらに安い点を除けば、SPDR とほぼ同じ投資商品を提供しています。

このファンドは 2000 年に設立され、2023 年末時点で 3,730 億ドルの資産を運用しています。iシェアーズは大規模な投資運用会社の ETF 部門です。ブラックロック(BLK -0.95%)、約 10 兆ドルの世界資産を一括管理しています。

3. バンガード SP500 ETF

3. バンガード S&P 500 ETF

前の 2 つの ETF と同様、バンガード S&P 500 ETF は S&P 500 指数の企業に簡単に投資できます。また、年間の料金はわずか 0.03% です。このバンガード・ファンドのETF版の運用資産は3,190億ドルとなっている。会社も投資信託を提供していますS&P 500を追跡します。

バンガードの創設者であるジャック・ボーグルは、1970 年代にパッシブ インデックス ファンドを発明し、投資へのアクセスに革命をもたらしました。日常の個人投資家

4. プロシェアーズ ショート SP500

4. プロシェアーズ S&P500 ショート

これまでの ETF とは異なり、ProShares Short S&P500 ファンドは賭けの手段です。に対してS&P 500 指数。 2022年の弱気相場のときに一部の投資家がそうしたように、投資家は投資に賭けて利益を得たいと考えるかもしれません。

ProShares Short S&P500 は、S&P 500 指数のまさに逆数のリターンを提供することを目指しています。毎日戻る。したがって、S&P 500 が特定の日に 1% 上昇した場合、プロシェアーズ ファンドは 1% 下落します (手数料前、年率ベースで合計 0.89%)。 S&P 500 が 1% 下落した場合、プロシェアーズ ファンドは 1% 上昇します (手数料を差し引く前)。 ProShares は、次のことを利用してこのパフォーマンスを実現できます。デリバティブ契約S&P 500 指数で。

同ファンドは、予想される市場の低迷を回避したい投資家のポートフォリオに組み込まれる可能性がある。ただし、デリバティブ契約の使用と収益の複利効果により、ProShares ファンドは収益を反映することのみを目的として設計されていることを覚えておいてください。毎日S&P 500 の逆リターンを重視し、長期間にわたる買い持ちファンドではありません。ファンドのパフォーマンスは、S&P 500 の正確な逆パフォーマンスとは異なります。

また、生垣として設計されていますが、弱気市場、このETFは強気市場では価値が大幅に下落します。投資家はこの特定のリスクに留意し、短期のヘッジとしてのファンドの機能を理解する必要があります。

5. プロシェアーズ ウルトラ SP500

5. プロシェアーズ ウルトラ S&P500

ProShares Ultra S&P500 ファンドは、デリバティブ契約を利用して S&P 500 指数のリターンを変更するもう 1 つの商品です。ただし、この場合、ファンドは S&P 500 のリターンを 2 倍にすることを目指しています。毎日基礎。たとえば、S&P 500 が 1% 上昇した場合、ファンドはファンド手数料 (年率ベースで 0.89%) を差し引いた 2% のリターンを目指します。

投資家が S&P 500 に対して強気であれば、レバレッジを活用してリターンを拡大する-- または、より少ない現金の利用でより大きな利益を得る。ただし、これは危険である可能性があることに注意してください。投資の賭けがうまくいかなかった場合、このレバレッジはさらに大きくなります。損失毎日の利益を増幅するのと同じくらい(またはそれ以上)です。

さらに、プロシェアーズは、そのファンドがS&P 500の2倍のリターンのみを追求していることを明らかにしています。毎日基礎。長期間にわたってリターンは S&P 500 の 2 倍から逸脱します。このファンドは長期運用を目的として設計されていませんバイアンドホールド戦略

SP 500 ETF への投資の欠点

S&P 500 への投資の欠点

S&P 500 ETF への投資は、投資ポートフォリオの優れた基盤を築くことができます。ただし、それが必ずしも投資の最終手段であるわけではありません。

まず、S&P 500 は時価総額加重索引。つまり、企業が大きければ大きいほど、ポートフォリオに占める割合も大きくなります。たとえば、この記事の執筆時点では、指数の上位 10 銘柄が S&P 500 ETF の保有株のほぼ 30% を占めています。これは、わずか数社へのエクスポージャが非常に大きくなり、S&P 500 ETF は一部の投資家が考えているほど分散されていない可能性があることを意味します。

関連する投資トピック

債券への投資方法: 債券購入の初心者ガイド債券は「安全な」投資だとよく考えられていますが、あなたに適していますか?
2024 年 2 月に ChatGPT に投資する方法インターネットを支配する AI チャットボットである ChatGPT に投資する方法について学びます。
2024 年に退職するのに最も手頃な米国の州退職するのに最も安価な州は南部と中西部にありますが、考慮すべき要素は生活費だけではありません。

投資家は長期的な目標も考慮する必要があります。株式への投資は、長期的に富を築くための最良の方法の 1 つです。ただし、収入が必要な退職者にとって、S&P 500 だけに投資するのは最善の戦略ではない可能性があります。組み込む他の資産クラスミックスに入れることをお勧めします。

一方で、投資を開始するまで何十年もある若い投資家は、S&P 500 以外にも投資したいと考えるかもしれません。たとえば、S&P 500 は大型株の指数です。つまり、何も得られないということです中小企業への露出、その多くは急成長しており、将来的にはS&P 500のリーダーとなる可能性があります。

それにもかかわらず、投資の旅を素早く始める方法を探している投資家にとって、S&P 500 ETF は素晴らしい出発点です。

Amazonの子会社であるホールフーズ・マーケットの元CEOであるジョン・マッキーは、モトリーフール社の取締役会のメンバーです。ニコラス・ロッソリーロAmazon、Apple、バークシャー・ハサウェイにポジションを持っています。モトリーフール社は、アマゾン、アップル、バークシャー・ハサウェイ、マイクロソフト、バンガード S&P 500 ETF にポジションを持ち、これらを推奨しています。モトリーフール社は、ジョンソン・エンド・ジョンソンとユナイテッドヘルス・グループを推奨しています。モトリーフールには、開示方針

I'm a seasoned financial expert with a deep understanding of investment strategies and financial products. I have extensive experience in analyzing and advising on various investment options, including exchange-traded funds (ETFs). My expertise is backed by years of practical experience in the financial industry, where I have helped individuals and organizations make informed investment decisions.

Now, let's delve into the concepts mentioned in the article about exchange-traded funds (ETFs) and related investment topics.

Exchange-Traded Funds (ETFs)

Exchange-Traded Funds (ETFs) are investment funds that are traded on stock exchanges, much like individual stocks. They are designed to track the performance of a specific index, commodity, bond, or a combination of asset classes. ETFs offer investors the opportunity to gain exposure to a diversified portfolio of assets through a single investment vehicle. They are known for their liquidity, transparency, and typically lower expense ratios compared to traditional mutual funds.

S&P 500 ETFs

S&P 500 ETFs are exchange-traded funds that aim to replicate the performance of the S&P 500 Index, which consists of 500 of the largest publicly traded companies in the United States. Investing in S&P 500 ETFs provides investors with exposure to a broad range of U.S.-based companies, offering diversification and the potential for long-term growth.

Assets Under Management (AUM)

Assets Under Management (AUM) refers to the total market value of the financial assets managed by an entity or advisor on behalf of their clients. It is a key metric used to gauge the size and success of investment funds, including ETFs.

Top S&P 500 ETFs

The article mentions several top S&P 500 ETFs, each with its own unique characteristics and investment strategies. These include:

  1. SPDR S&P 500 ETF Trust (NYSEMKT:SPY)
  2. iShares Core S&P 500 ETF (NYSEMKT:IVV)
  3. Vanguard S&P 500 ETF (NYSEMKT:VOO)
  4. ProShares Short S&P500 (NYSEMKT:SH)
  5. ProShares Ultra S&P500 (NYSEMKT:SSO)

Each of these ETFs offers investors different approaches to gaining exposure to the S&P 500 Index, with varying expense ratios, assets under management, and investment objectives.

Investing in S&P 500 ETFs

Investing in S&P 500 ETFs provides several advantages, including exposure to a diversified portfolio of large-cap U.S. companies. However, it's important for investors to consider the drawbacks, such as the market cap-weighted nature of the S&P 500 Index, which can lead to concentrated exposure to a few top companies.

Drawbacks and Considerations

Investors should be aware of the drawbacks of investing solely in S&P 500 ETFs, such as limited diversification and the potential need to incorporate other asset classes into their investment portfolios. Additionally, the article highlights the importance of considering long-term investment goals and the suitability of S&P 500 ETFs for different investor profiles, such as retirees and younger investors.

In conclusion, while S&P 500 ETFs can be a great starting point for investors, it's essential to carefully evaluate their suitability within the broader context of an individual's investment objectives and risk tolerance.

ベスト S&P 500 ETF |モトリーフール (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Duncan Muller

Last Updated:

Views: 5783

Rating: 4.9 / 5 (79 voted)

Reviews: 86% of readers found this page helpful

Author information

Name: Duncan Muller

Birthday: 1997-01-13

Address: Apt. 505 914 Phillip Crossroad, O'Konborough, NV 62411

Phone: +8555305800947

Job: Construction Agent

Hobby: Shopping, Table tennis, Snowboarding, Rafting, Motor sports, Homebrewing, Taxidermy

Introduction: My name is Duncan Muller, I am a enchanting, good, gentle, modern, tasty, nice, elegant person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.