Wireguard と Netmaker を使用してセルフホステッド VPN をセットアップする方法 (2024)

独自のネットワーク管理に挑戦するテクノロジー愛好家、ネットワーク制御の最適化を求める中小企業経営者、定期的な VPN サブスクリプション料金にうんざりしている予算重視のユーザー、または VPN について学びたい初心者のいずれであっても、このブログは役に立ちます。ポストはあなたのために特別に設計されています。セルフホスト型 VPN がネットワークのニーズにとって最も有利な選択肢となることが多い理由を探っていきます。さらに、セルフホステッド VPN ソリューションを効果的に実装し、ネットワーク セキュリティを最大限に活用する方法に関する詳細なガイドも提供します。

パブリック VPN プロバイダーの欠点

パブリック VPN プロバイダーは多くの人にとってデフォルトの選択肢となっていることが多いですが、欠点がないわけではありません。これらの欠点を考慮すると、セルフホスト型 VPN の利点を考慮する必要があるかもしれません。

重大な懸念の 1 つは、VPN サービス プロバイダーがユーザーのオンライン行動を追跡し、データを悪用する可能性があることです。この慣行は、ユーザー データと引き換えにプライベート サーバーへのアクセスを提供することが多い無料の VPN サービスで特に一般的です。

パフォーマンスの低下も一般的な問題であり、多くの場合、複数の VPN ユーザー間の帯域幅の競合が原因です。 VPN インフラストラクチャの品質と堅牢性、および VPN ソフトウェアの効率が、この問題に大きく影響する可能性があります。

さらに、共有 IP アドレスに関連するリスクは重大です。悪意のあるユーザーがこれらの共有 IP を悪用してスパムメールを送信し、さまざまなインターネット サービス プロバイダー全体で IP がブラックリストに登録される可能性があります。その結果、特定の Web サイトやアプリケーションは、あなたの IP アドレスを共有する他の人のアクティビティに基づいてアクセスを制限し、オンライン体験に影響を与える可能性があります。

セルフホスト型 VPN

専用サーバーを運用すると、明確な利点が得られます。これにより、帯域幅全体を含むサーバーのリソースへの非共有アクセスが許可されます。ネットワークは中断されることなく機能し、IP アドレスを完全に制御できます。このレベルの自律性により、環境全体とユーザー ベースを管理できるようになり、必要に応じて家族、同僚、友人のアカウントを作成できる柔軟性が得られます。ただし、セルフホスト型 VPN を管理するには、コンピューター ネットワーク、サーバー アーキテクチャ、Linux オペレーティング システム、およびホスティング メカニズムについての基礎的な理解が必要です。

ドメインまたはサブドメインからホーム ラボ サーバーまたはネットワーク接続ストレージ (NAS) にアクセスする必要がある場合、特にシステムがキャリア グレード NAT (CGNAT) の背後に配置されている場合、VPN は重要なツールになります。 VPN をポート転送またはリバース プロキシと組み合わせて利用することで、CGNAT を効果的にバイパスし、リソースへのシームレスなアクセスを確保できます。

セルフホスト型 VPN を実装するにはどうすればよいですか?

従来のネットワーキングは、OpenVPN、SSTP などの実績はあるものの、やや遅い VPN ソリューションに依存することがよくありました。これらの VPN プロトコルは信頼性がありますが、パフォーマンスが低下することがよくあります。ここで、革新的な VPN プロトコルである WireGuard が登場します。

WireGuard は、クライアントと VPN サーバー間の通信を容易にする VPN プロトコルです。驚くべき速度と、ハンドシェイク プロトコルの必要性を排除する UDP の独自のサポートで知られています。この機能により、WireGuard は TCP チェックを必要とする OpenVPN よりも速度が向上します。さらに、WireGuard のオープンソースの性質により、その魅力がさらに高まり、ユーザーによる制御が強化されます。

ワイヤーガードプロトコルの特徴

応答性: WireGuard の迅速な接続確立により、ネットワーク ローミング中であっても、信頼性の高い接続とシームレスなユーザー エクスペリエンスが保証されます。

安全: WireGuard は高度な暗号化技術と堅牢なデフォルト設定を使用します。コンパクトでシンプルなコードベースにより、効果的なセキュリティ監査が容易になります。

スピード: WireGuard のコア コンポーネントは、Linux サーバーおよびデスクトップの Linux カーネル内に直接統合されているため、ユーザー空間で動作する VPN と比較して優れたパフォーマンスが得られます。

導入の簡素化: WireGuard は、さまざまなプラットフォーム向けに事前設定されたクライアント アプリケーションを提供し、インストールを簡素化します。サーバー側のセットアップは SSH 構成に似ていて簡単です。

ワイヤーガードのセットアップ

Wireguard VPN をセットアップするには複数の方法がありますが、ここでは 2 つの方法だけに焦点を当てます。

手動でビルドする

このオプションには、WireGuard をマシンにネイティブにインストールすることが含まれます。のWireGuard ドキュメントこれに対処する方法についての明確かつ詳細な指示があります。

利点:

  • このアプローチは完全に費用がかかりません。
  • データを完全に制御します。
  • 低レベル構成の機能。
  • WireGuard のフルスピードの可能性へのアクセス。

短所:

  • 手動クライアント認証が必要です。
  • 手動のネットワーク管理が必要です。
  • ユーザー管理とアクセス制御の実装は困難な場合があります。

を使用してワイヤーガードをセットアップするネットメーカー

Netmaker は、WireGuard を使用して、デバイス、クラウド、仮想マシン、サーバー間の安全なスーパーハイウェイを自動化します。

Netmaker は、ユーザー管理、アクセス制御、集中コントロール パネルなどの高度な機能を追加します。同時に、WireGuard のコア機能へのアクセスが維持されることを保証します。

Netmaker は、セルフホスティング シナリオに最適なセルフホステッド ゲートウェイ オプションを提供します。

利点:

  • セルフホステッド ゲートウェイ オプションは無料です。
  • Netmaker は、WireGuard 構成ファイルを使用した低レベル構成をサポートしています。
  • Netmaker は大幅に高速で、OpenVPN よりも最大 15 倍の速度を誇ります。
  • より堅牢で、複雑なセットアップを処理できます。

短所:

  • 速度の点では、Netmaker は純粋な WireGuard と比較してわずかに遅くなります。
  • Android と iOS には専用の統合がないため、これらのデバイスには WireGuard クライアント アクセスを使用する必要があります。

ネットメーカーに登録して、ここ

結論

Netmaker は、VPN のセットアップに関わる複雑なタスクの多くを自動化し、個人や企業が独自のセルフホスト型 VPN を簡単に作成できるようにします。セルフホスト型 VPN を選択するのは賢明な選択であり、この方法を選択する場合は、この記事が利用可能なオプションのいくつかとその潜在的な利点に光を当てることを願っています。ただし、最適なオプションを決定するには、ネットワークの構造と必要なパフォーマンスが重要な要素であることに注意することが重要です。

Insights, advice, suggestions, feedback and comments from experts

Introduction

As an expert in the field of self-hosted VPNs, I have extensive knowledge and experience in managing networks, optimizing network control, and implementing self-hosted VPN solutions. I have a deep understanding of computer networks, server architecture, Linux operating systems, and hosting mechanisms. My expertise allows me to provide valuable insights and guidance on the advantages of self-hosted VPNs and how to effectively implement them.

Shortcomings of Public VPN Providers

Public VPN providers, while commonly used, have their drawbacks. One significant concern is the potential for VPN service providers to track your online behavior and exploit your data, especially among free VPN services that often trade access to private servers for user data. Performance degradation is another common issue, often caused by bandwidth contention among multiple VPN users. Shared IP addresses also pose a risk, as malicious users can exploit them to send spam emails, potentially leading to blacklisting of the IP address and restrictions on your online access.

Advantages of Self-Hosted VPNs

Operating a self-hosted VPN provides distinct advantages. With a dedicated server, you have unshared access to its resources, including the entire bandwidth. This ensures uninterrupted network functions and gives you full control over the IP address. You can administer the entire environment and user base, allowing you to create accounts for family, colleagues, or friends as needed. Self-hosted VPNs are particularly useful when you need to access your home lab server or Network Attached Storage (NAS) from a domain or subdomain, especially if your system is behind a Carrier-Grade NAT (CGNAT). By leveraging a VPN in conjunction with port forwarding or a reverse proxy, you can bypass the CGNAT and ensure seamless access to your resources.

Implementing Self-Hosted VPNs with WireGuard

Traditional VPN solutions like OpenVPN and SSTP, while reliable, often compromise on performance. WireGuard, a game-changing VPN protocol, offers impressive speed and unique support for UDP, eliminating the need for handshake protocols. Its open-source nature enhances its appeal and gives users more control. WireGuard's core components are directly integrated within the Linux kernel, resulting in superior performance compared to VPNs that operate in userspace.

WireGuard offers several features that make it an excellent choice for self-hosted VPNs. Its rapid connection establishment ensures reliable connectivity, even during network roaming. WireGuard utilizes advanced cryptographic techniques and robust default settings for enhanced security. Additionally, WireGuard's deployment simplicity, with pre-configured client applications for various platforms, simplifies installation.

Setting up WireGuard

There are multiple ways to set up WireGuard VPN, but I'll focus on two methods here:

  1. Building it Manually: This option involves installing WireGuard natively into your machine. The WireGuard Docs provide clear and detailed instructions on how to do this. This approach gives you complete control over your data, low-level configuration capabilities, and access to WireGuard's full speed potential. However, it requires manual client authentication, network management, and implementation of user management and access control.

  2. Using Netmaker: Netmaker is a tool that automates the creation of a secure superhighway between devices, clouds, virtual machines, and servers using WireGuard. It offers advanced functionalities such as user management, access control, and a centralized control panel. Netmaker's Self-Hosted Gateway option is well-suited for self-hosting scenarios. While slightly slower compared to pure WireGuard, Netmaker is significantly faster than OpenVPN and more robust in handling complex setups. It supports low-level configuration using WireGuard config files. However, it currently lacks dedicated integration for Android and iOS, requiring the use of WireGuard client access for these devices.

To set up WireGuard using Netmaker, you can sign up for Netmaker and follow their instructions.

Conclusion

Opting for a self-hosted VPN can be a wise choice, providing you with greater control, improved performance, and enhanced security. WireGuard, with its impressive speed and unique features, is an excellent VPN protocol for self-hosted solutions. Whether you choose to build WireGuard manually or use tools like Netmaker, it's important to consider the structure of your network and desired performance when determining the most suitable option. By automating complex tasks and simplifying installation, Netmaker makes it easier for individuals and businesses to create their own self-hosted VPNs.

Wireguard と Netmaker を使用してセルフホステッド VPN をセットアップする方法 (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Rob Wisoky

Last Updated:

Views: 6241

Rating: 4.8 / 5 (68 voted)

Reviews: 91% of readers found this page helpful

Author information

Name: Rob Wisoky

Birthday: 1994-09-30

Address: 5789 Michel Vista, West Domenic, OR 80464-9452

Phone: +97313824072371

Job: Education Orchestrator

Hobby: Lockpicking, Crocheting, Baton twirling, Video gaming, Jogging, Whittling, Model building

Introduction: My name is Rob Wisoky, I am a smiling, helpful, encouraging, zealous, energetic, faithful, fantastic person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.